栗芳ですが、何か。

たぶん、いけばな日記。

「春風」

創作花をするときには「テーマ」を必須アイテムにしてる。

 

自由に観て、自由に感じてもらえれば、それで充分なんだけど、

題名がついていたほうが ”見やすい” と思うんだよね。

 

で、今回のテーマは「春風」。

風に運ばれてきた春によって始まる、力強い芽生えの瞬間を

表現してみたくて、あれこれ試行錯誤しておりました。

 

古典的な技法と、イマドキのアレンジスタイルとの融合を試みてる最中。

 

飾る場所によって、訪れる人の層によって、何をどう生けるのかってことに

最大限の力を絞り出す作業をする感じ。

 

 

せっかく見に来てくれたのに、作品の前で素通りされたら、寂しいもん。

だから、素通りさせないものを生けたいって、いつも思ってる。

 

江戸時代から続いてる、古典的な流派の八代流なんだけど、

ミッドランドという場所に溶け込めるのなら、思いっきりやってみろって

家元からもお許しいただけて。

 

古い流派だと、こういうことはなかなか許されることではなく、

「破門」ってことにもなりかねないんだけど、

柔軟な姿勢で繋いでいこうっていう、家元の強い気持ちに励まされ、

腹を据えなおそうと思えた今日この頃。

f:id:rihoo:20170317120252j:plain

ミッドランド地下一階、3月17日(金)~19日(日)前期に出瓶中です。