栗芳ですが、何か。

たぶん、いけばな日記。

丹田の氣?!

なんか、右ももの付け根が痛いわけ。

一ヶ月前から痛いわけ。

それでも、日常生活に支障をきたしているわけではないから

放置してたんだけども、日曜に外出先で和式トイレしかなくて、

しゃがみこんだ瞬間に電気がビビって走ったというか、

”んごっ”  って、口から変な音が勝手に飛び出しちゃって、

隣の人に聞こえてしまったか?って、ほんの一瞬の焦りから、

私の中の恥じらいが開花しそうだったんだけども、

覚悟のできていなかった激痛が、瞬時に枯れさせた。

 

もうね、即効で本能が主役になってたというか。

視界に入ってきた手すりをもの凄い勢いで掴んでたと思う。

 

アラ50で、手すりにしがみ付きながら用を足す姿なんて、笑えんし。

 

で、一ヶ月前の会場設営作業が、足に負担をきたしてたわけやなと、

ようやく対策を練ろうという思考回路が働き始めたら、

今週末にも、会場設営作業に参加しなくちゃいけないことを思い出して、

松葉治療室でなんとかしてもらおうって思いついたわけ。

 

で、2時間みっちりほぐしてもらって。

で、相も変わらず、身体の使い方というか、重心の置き方というか、

なんか、そんなことを教えてもらって。

 

なんとな~く理解して、なんとな~くやってみようかなと思っていても

仕事の真っ最中に、そんなこと脳裏によぎってくれないし、

疲れた合間の休憩の時間なんて、放心状態だし。

 

ってか、私の頭って、一度にあれもこれも考えられんし。

 

みたいな状態で帰宅したら、堀田先生から

「呼吸法の話をするのを忘れた」ってメッセ入って、

さっき電話で教えてくれたわけです。

 

堀田先生の話って、同じ感覚を持ち得ている人にとっては、

普通の話なのかもしれないけど、持ち合わせのない人にとっては、

宇宙空間に放り出されて迷子になるわけ。

あー、蜷川さん、今、迷子になってるな、って電話の向こう側で

感じながらも、出来うる限りの持ち駒を使って、なんとか伝えようって

思ってくださる感じが強くて、

 

「1ミリ胸を広げて、1ミリ頭を突き上げる。」

 

の姿勢をやってみたわけです。

 

堀田先生曰く、「身体が一番楽な姿勢」ってことだったんだけど、

 

 

 

これって、「丹田に氣が集まる姿勢」だよね?!って

 

 

スコーンと何かが入ってきた。

 

 

 

つづく。